• Home
  • 聖樹巡礼
  • 宇宙樹の庭
  • こころの木
  • 木に咲く花の文様
  • 木の芸術家
  • 木の図書館

ワークショップ

【開催延期】2020年2~4月【ルーン塾2020】初級講座のお知らせ

s-2IMG_7201rune library.jpg 【延期のお知らせ】
新型コロナの影響による感染拡大を避けるため、2~5月のルーン塾初級講座は延期いたします。収束後、あらためて日程をお伝えいたします。


2020年のルーン塾は2月9日から月1度、全3回で行います。
北欧の古代文字<ルーン文字>の意味、力、メッセージをご一緒に楽しく学びましょう。初めて勉強する方、しばらく離れていたけどまた学んでみたい方、ルーンの神託を日常に生かしたい方・・・etc。お1人お1人に合わせて、わかりやすくお話ししますので、安心してご参加ください。 

■内容 
ルーン文字とは何か?
ルーンの歴史、ルーンを使っていた人々
25のルーン文字の意味
北欧神話に登場するルーン文字

■日時 
第1回 2月9日(日)14時~17時
第2回 3月1日(日)  〃
第3回 4月5日(日)  〃
■場所:東京・JR恵比寿駅から徒歩圏内のセミナールーム(申込後お知らせします)
■参加費:36,000円(テキスト代含む、ドリンク付、税込)
■定員:5名様
■テキスト:配布資料と杉原梨江子の著書で学びます。
■支払い方法:銀行振り込み(一括払いのみ)。振込先、お支払い期限等はお申し込み後、ご案内いたします。 
■ご予約・お問合せ:当サイト「お問合せホーム(←こちらをクリック)」からお申込みください。
①お名前
②電話番号
③メール・アドレス をお知らせください。※杉原梨江子事務所の担当者より連絡いたします。
■持ち物:ルーン石をご用意ください。お持ちでない方にはお貸しします(無料)
■参考資料(ルーンのより深い勉強のためにお読みいただくことをお勧めします)
『古代北欧 ルーン占い』
『いちばんわかりやすい北欧神話』(実業之日本社)
『自分を信じる 超訳「北欧神話」の言葉』(幻冬舎)
※書籍は書店、アマゾンなどでご購入できます。
※個人情報は厳守し、第三者への流出はいたしません。お客様の情報は講座・セミナーのご案内等目的以外に使用されることはありません。

■講座の特徴 
▼ルーンを25の人生の知恵として学ぶ
ルーン塾では24のルーン文字と何も書かれていないブランクルーンを使います。25の意味を1つ1つわかりやすく解説し、人生の知恵として役立つようにお伝えします。
▼ルーン石碑を知る
現在、ルーン文字を見るには石に彫られた「ルーン石碑」を訪ねるのがいちばんです。北欧の国々はもちろん、イタリアや日本にもありますよ。代表的なルーン石碑を紹介しながら、旅をするようにルーンの歴史を伝えます。
▼「北欧神話」を読む
スウェーデン、ノルウェー、デンマークで語り継がれてきた「北欧神話」には、古代北欧の人々の考え方や生活習慣が反映されています。神話に登場するルーン文字の使い方を知ることで、ルーンの意味の受けとめ方、あなた自身の日常での生かし方を学びます。
▼少人数制のセッション型セミナー
約5名様までのごく少数で行います。ご希望や課題に合わせ、リーディング・タイムをつくりますので、セッションを受けているような感覚でルーン文字を学ぶことができます。
▼直感力を高める瞑想タイム
ルーンを引いたとき、頭で考えるのではなく、直感で、素直に受けとることが大切です。日常でもインスピレーションの力が高まる方法を伝授します。

今年もルーンとともに歩んでいきましょう。あなたの2020年に、ルーンのご加護を!
from Rieko Sugihara


2019.11.30セミナー「古代ケルト 聖なる樹の教え」第4回 森に還る

IMG_9005_R.JPG【カフェ・セミナーのお知らせ】

吉見の森のおはなし会 
第4回「古代ケルト 聖なる樹の教え
~ハーブと果実のケルト・ランチつき」 

杉原梨江子(文筆家)×中村薫(料理探究人)  



■テーマ:「森へ還る」
■日時:11月30日(土)11時~15時30分(予定)
■場所:ストロベリーフィールズ(埼玉県比企郡吉見町) 
■参加費:8000円(ランチ代含む)
■定員:10名様まで(先着順)
■主催:カフェ「ストロベリー・フィールズ」
https://www.facebook.com/kaoru.nakamura.7399 

■ご予約・お問合せ:当サイト「お問合せホーム」 http://rieko-sugihara.com/mailform.html
下記をご記入の上、ご予約ください。 
①お名前 
②電話番号  
③メール・アドレス

~「森へ還る」-ケルトの新年を迎えて~ 
11月1日、ケルトの新年が明けました。<闇の半年>の始まりでもありますね。秋から冬へ、木々は葉を落とし、大地へと還っていきます。寒くなって、家で過ごすことが多くなる季節。光の半年(5~10月)には外に向けていた視線を、内なる自分に向けてみてはいかがでしょうか。
しずかに、しずかに、いちばん心安らぐ「わたし」に還る時間を大切に。
冬、木々は眠っているように見えますが、枝や幹の内側には新芽の卵を抱いています。光の季節に、新しい芽を出すため、わたしという「ひとり」を見つめる時間をつくります。 

「だれもが1本の木を抱いて生まれてくる」と古代ケルトの人々は考えていました。生まれた月日によって、あなたを守護する樹があります。6月15日生まれの私はイチジク、12月9日生まれの中村さんはサンザシ、というように。聖なる樹からのメッセージもお伝えします。

★セミナーの流れ
1 ごあいさつ
2 ケルトのおはなし「森へ還る」
3 毎日を豊かにするケルトの考え
4 聖なる野菜とお肉のお昼ごはん&デザート
  ※ケルトの人たちが食べていた食材からヒントを得て、創作料理を中村薫さんが提供します。
5 あなたのシンボルツリーについて 

時空を超えて、ケルトの森を散歩する気分でお出かけください。みなさまとお目にかかれるのを楽しみにしています。 
By Rieko Sugihara

★写真:ヤドリギ。ケルトの人々が神聖視した木。落葉樹に寄生して育ちます。 

【セミナー報告】ブログに書きました。➡こちらをご覧ください。


2019.4.20【満員御礼】吉見の森のおはなし会「古代ケルト 聖なる樹の教え」第3回 光の半年を迎える

IMG_8032_R.JPG【セミナーのお知らせ】※募集を締め切りました。 

吉見の森のおはなし会 
第3回「古代ケルト 聖なる樹の教え
~ハーブと果実のケルト・ランチつき」 

杉原梨江子(文筆家)×中村薫(料理探究人)  

■日時:4月20日(土)10時~14時30分(予定)
■場所:ストロベリーフィールズ(埼玉県比企郡吉見町) 
■参加費:6800円(予定。ランチ代含む)
■定員:10名様まで(先着順)
■主催:カフェ「ストロベリー・フィールズ」
https://www.facebook.com/kaoru.nakamura.7399 

■ご予約・お問合せ:当サイト「お問合せホーム」 http://rieko-sugihara.com/mailform.html
下記をご記入の上、ご予約ください。 
①お名前 
②電話番号  
③メール・アドレス

~光の半年を前に、聖なる木々と対話する~ 
埼玉県吉見町のカフェ「ストロベリー・フィールズ」の中村薫さんと企画して、昨年からスタートしたランチ付きセミナー「古代ケルト 聖なる樹の教え」。ケルトの新年(11月1日)が明けて早4カ月。冬から春へと季節が移りゆくとき、ケルトの暦では5月1日、「光の半年」を迎えます。草木が芽吹くとき、若葉が青々と繁るとき、木々は命いっぱい輝いています。太陽がさんさんと降り注ぐ、これからの半年のために、ケルトの聖なる木々と対話する時間をつくります。

「だれもが1本の木を抱いて生まれてくる」と古代ケルトの人々は考えていました。生まれた月日によって、あなたを守護する樹があります。6月15日生まれの私はイチジク、12月3日生まれの中村さんはサンザシ、というように。聖なる樹からのメッセージもお伝えします。

★セミナーの流れ
1 ごあいさつ・吉見の森からケルトの森へようこそ
2 「自分の木」を見つけに行こう~ボディワークと瞑想~
3 ケルトの暦「光の半年」を楽しく迎えるために
4 ドルイドの薬草哲学
5 光の季節のケルト・ランチ ~聖なる野菜と果実をつかって~
  ※ケルトの人たちが食べていた食材からヒントを得て、創作料理を中村薫さんが提供します。
 
ケルトの森を散歩する気分で、お出かけください。みなさまとお目にかかれるのを楽しみにしています。
By Rieko Sugihara


【セミナー報告】 
c2JrGqp4TGmSAlSTE4llnQ_R.jpgブログに書きました。こちらをご覧ください。
http://sugihara-rieko.cocolog-nifty.com/blog/2019/04/post-b87122.html
 
IMG_7226 ケルト女性_R.jpg 
 
※上写真:チェコの国花、菩提樹の花。ケルトの人たちにとって、この木は「慈悲」のシンボルでした。

 

 

 
 
 
※下写真:チェコのケルト人。女性の日常の服装。プラハ郊外にあるベナトキ城博物館に行ったとき、偶然、ケルトの部屋に導かれました。

★参考資料:杉原梨江子著『古代ケルト 聖なる樹の教え』(実業之日本社刊)
【くわしくはこちらかどうぞ】




2019年2~4月【ルーン塾2019】 前期講座のお知らせ

IMG_2561_R.JPG 2019年のルーン塾は2月からスタートします。このセミナーは、ルーンを長く勉強してきた方はもちろん、ルーンをこれから勉強する方、入門したばかりの方にもおすすめの内容です。

2019年のテーマは「自分を信じる」。このことをルーンの25の知恵を通して、学んでいきたいと思います。
どんな時でも、100%自分を信じて、行動できる人はあまりいないのではないかと思います。あなたはどうでしょうか。私は、「自分を信じる」ことができる人とは、「自分をかけがえのない人間」に育てていける人のこと、だと思っています。今はまだ何も成し遂げていないとしても、何度落ち込んでも、悲しいとき苦しいときも、自分を大切に、大切に、思わず笑顔がこぼれる方向へ、自分を連れていける人。2019年のルーン塾は、そんなあなたを応援します。

1つ1つの文字の意味や力をより深く、わかりやすく理解するために、「北欧神話」を読む時間もつくります。神話には古代北欧の生活習慣や思考が反映され、ルーンの真髄というべきメッセージを知ることができます。神さまや女神さまの名言、格言は、現代社会を生きる私たちにも役立つメッセージがいっぱい!ルーンの解釈に役立つはずですよ。

今年もルーンとともに歩んでいきましょう。あなたの2019年に、ルーンのご加護を!
from Rieko Sugihara

■内容
ルーン文字とは何か?
ルーンの歴史
「北欧神話」を読む(ルーンの誕生、ルーンの使い方)
ルーン文字 25の意味と力

■講座の特徴
▼ルーンを25の人生の知恵として学ぶ
  古代北欧で使われていた24の文字とブランクルーンの意味と力を1つずつ丁寧に学びます。
▼「北欧神話」を読む
  神話は古代北欧の生活習慣や思考が反映されています。神話に登場するルーンの使い方を学びます。
▼ルーン石碑と出合う
  現在、ルーン文字を見られるのは石に彫られた「ルーン石碑」。北欧諸国だけでなく、イタリアや日本にもあるルーン石碑を紹介しながら、ルーンの歴史を学びます。
▼少人数制のセッション型セミナー
  あなたの願いや課題に合わせ、リーディング・タイムをつくります。お互いにルーンを引き合う対面タイムも設けます。
▼直感力を高める瞑想タイム
  ルーンを引いたとき、頭で考えるのではなく、直感で、素直に受けとることが大切です。日常でもインスピレーションの力が高まるでしょう。

【ルーン塾2019 前期講座】テーマ:自分を信じる 
■日時
第1回 2月3日(日)14時~17時 
第2回 3月10日(日)  〃
第3回 4月14日(日)  〃
■場所:東京・JR恵比寿駅から徒歩5分のセミナールーム
■参加費:33,000円(テキスト代含む、ドリンク付、税込)
■定員:8名様
■テキスト:配布資料。杉原梨江子の著書で学びます。
■支払い方法:銀行振り込み(一括払いのみ)。振込先、お支払い期限等はお申し込み後、ご案内いたします。 
■ご予約・お問合せ:当サイト「お問合せホームhttp://rieko-sugihara.com/mailform.html 」からお申込みください。
①お名前
②電話番号
③メール・アドレス をお知らせください。 
※杉原梨江子事務所 担当者より連絡いたします。 
■持ち物:ルーン石をご用意ください。お持ちでない方にはお貸しします(無料)
■参考資料(ルーンのより深い勉強のためにお読みいただくことをお勧めします)
『古代北欧 ルーン占い』
『いちばんわかりやすい北欧神話』(実業之日本社)
『自分を信じる 超訳「北欧神話」の言葉』(幻冬舎)
※書店、アマゾンなどでご購入できます。

2019.1.12トークイベント「北欧神話を紡ぐ時間」杉原梨江子×仙波るい氏

IMG_1169_R.JPG2018年、アーティスト・仙波るいさんの個展「紡戯ごと~北欧神話を紡ぐ」に協力させていただきました。

仙波さんは布に絵を描き、染め、さらに刺繍するという、果てしない工程を経て作品をつくりあげます。1枚の布の上に、北欧神話に登場する神さまや女神さま、動物たちが、美しい糸で、ひと針ひと針、描かれています。とても素敵で、やさしくて、かわいいアートです。

2019年1月12日、作品完成を記念して、仙波さんと「北欧神話」について語り尽くします。
 
作品に登場する神さま、女神さま、動物たち。それぞれに日本人の発想にはないエピソードがあります。人間の運命と寿命を決める女神ノルン(上写真)、女神フレイヤの戦車を引くネコ、食べても蘇るヤギ、宇宙樹に棲むシカ・・・。アーティストの心にひっかかったキャラクターは?エピソードは?そもそもなぜ、北欧神話を布と糸のアートに?「北欧神話」を知りたい人のための入門講座にもなりそうです。ぜひお出かけください。
 
杉原梨江子が仙波るいさんに聴く
トークイベント「北欧神話を紡ぐ時間」  

~布と糸のアート「個展 紡戯(つむぎ)ごと~北欧神話を紡ぐ」に寄せて~ 
■日時:2019年1月12(土)15:00~
■場所:CASEギャラリー(最寄り駅・代々木八幡or代々木公園駅約10分)  
■参加費:無料
※個展の詳細、ギャラリーの場所はこちらをご覧ください。2018年12月14(金)~2019年1月13日(日)まで。
http://case1823.blogspot.com/2018/12/case-gallery.html 

【トークイベントの報告】 
「北欧神話」をテーマにつくられたテキスタイル・アート。るいさんの作品に描かれた女神さまや動物たちの物語を1つ1つご紹介しながらお話ししました。※写真は左から、イベンのト主催者CASEギャラリーのYukawaさん、アーティストの仙波るいさん。
くわしくブログに書きました。下記URLからご一読ください。
http://sugihara-rieko.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/2019112with-9a1.html 2019.1.12 P1010397_R.jpg
IMG_1183_R.JPG





1  2